医学部への進学を検討しているのであれば予備校選びも大切ですよ!

白衣の女性

予備校の環境や設備

予備校はただ勉強をする場所です。それ故に勉強をしたい人たちにとっては良い環境となっています。高校を卒業してしまうとどうしても規則正しい生活から離れてしまいますが、予備校では変わらず規則正しい生活を送ることができる事は大きなメリットです。

3人の医師

メリットとデメリット

予備校には勉強を学び、更なる学力アップに期待できるメリットがあります。しかし、メリットばかりではありません。予備校にもデメリットがあるので、両方を知った上で予備校に通う・通わないの判断をしましょう。無理のしすぎは禁物です。

振り向く女性

予備校の選び方

予備校選びは受験の結果を左右する大変重要なものです。予備校の業界では良い、悪いといった差はあまりありません。基本的にどの予備校も必要に応じて必要なことを教えてくれからです。では、何を基準に選べば良いのでしょうか?

私立でも苛烈な競争

聴診器

しっかり成績を上げたいならこちらの医学部予備校がオススメですよ。

現在、医学部は大学受験の中で最も競争倍率が高いものとなっています。

これは、「大学に行ったら何か手に職を付けたい」「大学でもっと実社会で直接役に立つことを学びたい」というニーズの反映であると共に、医師という職業に対する社会的評価の向上を示していると言えるでしょう。
しかし、医学部は狭き門です。入学試験は30~50倍もの倍率に達します。
学費が非常に高い私立大学医学部でも、この倍率なのです。

このため、医学部受験には、現役生であろうと浪人生であろうと、高い学力が要求されます。ゆえに、予備校に通い高校で学んだことを補い、更に高める必要があるのです。
医学部受験は、予備校業界に残された最後の市場だと言われています。

近年、某大手予備校の閉校が業界を震撼させましたが、それこそ「生き残りをかけて」各予備校は医学部受験という市場に取り組むようになりました。
医学部予備校の特色とは何でしょうか?
もちろん、医学部合格の勉強を教える所なのですが、その中でも特に「私大」医学部への合格作戦を教える、という所に特色があります。
これは、いかに倍率が高かろうとも、私大医学部の方が、国立大学医学部よりも遥かに合格しやすい、という事実があるからです。

結果として、医学部予備校には私大医学部受験科目である、英語、生物、化学、物理のスペシャリストが集まることになります。
また、私大医学部に特化しているため扱う生徒も膨大な数には及ばず「面倒見のよい」予備校運営が特色と成なります。
たとえば、事務のみならず講師の方も各生徒の顔をよく知っている、という近い関係が築かれることに成ります。

聴診器を持っている男性

記事一覧

「学部への進学を検討しているのであれば予備校選びも大切ですよ!」の記事一覧です。